<< Jan. 20th, 2016 (水) | main | Jan. 22nd, 2016 (金) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
Jan. 21st. 2016 (木)

 大寒。ここ二三日の寒さのせいで、体感対応は整ったようだ。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆ 


授業記録、
高校2年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1281~1320 暗記英作8問+2題

 小テスト:英文法道場 41~70、暗記英作 10題、etc. 。

 長文読解+総合英語:長文読解での設問は、精訳で問うものと同様のもの多くある。代動詞であり、なぜこの形の英文表現になるか?ってこと。まァ〜精訳訓練は長文読解のためでもあるからネ。それにしても、if 省略形、仮定法での間接話法表現、動名詞の意味上の主語、とか、高1英語で積み上げているものの集大成がここにはあるってこと。文法知識が底辺になければ、内容が見えてこないことがある。常に、ここの層を強固なものにしておかねば、だ。


高校1年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1181~1220

 小テスト:話法、仮定法、分詞構文、短文和訳 2題。話法テストをずっと続けているが、ボチボチ、自分での総括が必要だ。ボンヤリとしていてはダメだ。平叙文・疑問文・命令文が根っこにあり、さらに、伝達文が重文である場合、複文である場合の掴みである。一つの体系を脳ミソに作り上げておく。ここが大事。

 Vision Quest:初歩の同等比較を復習。~ times as ~ as、と、これに対応する英語表現。そして比較構文の慣用法の一つ「the + 比較級、the + 比較級」である。入試文ではサラリと出題されるやつ。しかも、この第二文型の出題に出くわすことがある。この基本形はかなり大切。次回は「二者間比較」である。オッと、さらに all the 比較級 for ~ 型にも踏み込んでいかねば、だ。

 比較構文の範囲は広い。そりゃ、分詞構文、仮定法の勉強が楽勝ではある。丁寧に、だ。




 中学1・2年生の短期集中講座はこちら

 連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 



 
カテゴリ:- | 00:07 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 00:07 | - | - | - | - |