Jan. 30th, 2016 (土)

 高3の一斉授業が最終回となった。坦々と粛々と、終わったのだが、・・・

   
サープライズ!!!!!

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆ 


授業記録、
高校1年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1181~1220

 小テスト:比較総合、短文解釈。

 構文150 的に : ラテン比較、差の by、同一物における最上級用法、etc. etc. である。比較構文の頂きがようやく見えはじめてきた。それでも、繰り返しの勉強。



高校3年生 [ 5:30~7:30 ] 
 課題範囲:シス単 1411~1470 暗記英作 8問+前回範囲2問、

 初見問題:四択問題(東京理科大学)、適語問題(広島大学)、精訳問題(お茶の水女子大学)、英作(奈良女子大学)。最終回授業では鉄板の問題選択をしたつもりだ。

 それにしても、このようなエクセントリックな塾に通い、この勉強法に耐えてきたことは自慢に思っても余りがありますよ。そして、将来どのような勉強環境でも適応できますよ。卒塾生たちに深謝、そして一緒に学べてことを誇らしく思っていますよ。

 最後に高3生に受験校を書き出してもらった。ベストを尽くすのみの受験校の名が連なっている。緊張するなァ〜。まだまだ頑張っていきますよ。


 それにしても、バナ〜ナサプライズには参った参った!!!

 連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 


 
カテゴリ:- | 23:37 | - | - | - | - |
Jan. 29th, 2016 (金)

 Newton、AERA、Japan Times ST が自習室にあるのは?

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆ 


授業記録、
高校3年生 [ 5:30~7:30 ] 
 課題範囲:シス単 1411~1470 暗記英作 8問+前回範囲2問、

 初見問題:四択問題、適語問題、精訳問題、英作、

 精度の高い答案作成である。語の運用であり、文構造であり、そこからの和訳。


高校2年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1361~1400

 小テスト:英文法道場 101~130、暗記英作 10題、例の書き換え 。実況中継:小森清久著「英文法・語法問題」を含む。

 長文読解+総合:長文読解は山口大学の過去問。いつものように全訳。下線部訳では分詞構文を適切に捉えるのだが、チラッと動名詞が紛れ込んでいる。文法知識を土台にしての訳文作成である。それにしても、the means to exist を「存在すための意味」の訳文はダメ。まァ means はそのうち単語テストに出題する予定。下線部訳 2. では不定詞の結果用法に和訳してOK.である。

 設問 3. の解を作成するには少々の国語力であろうが、先ずはこの段落での適切な和訳が出来ていなければならない。英文了解があってはじめて「筆者は何を言おうとしているのか?」の問いが処理できる。60 字の指示があるのだが、現在は 50~70字で完成する作業でOK.だ。ここは The price to be paid for the comforts and delights of 20th Century technology is indeed high. を核にして、肉付けした要約となる。訓練を重ねていくよ。

 オッと、単語と言えば、means だけでなく、The cutting down of forests reduces our oxygen and contributes to global warming; …. での下線部だ。「〜に貢献する」ではなくて「〜の一因となる」が適切。どんどんと語の幅と深さを求めていく時期になっているよ。丁寧な勉強作業が続きます。

 

 連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 



 
カテゴリ:- | 00:53 | - | - | - | - |
Jan. 28th, 2016 (木)

 上質の答案を作るには、同じ間違いを繰り返さないことです。同じ間違いを繰り返さないようするには、なぜ間違ったか?を学んで、適切な知識を積み上げていくことです。たったそれだけ。これで高得点を得るチャンスを手にしたことになります。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆ 


授業記録、
高校2年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1361~1400

 小テスト:英文法道場 101~130、暗記英作 10題、etc. 応用問題で使ったのは「実況中継」。良問が見られる。

 長文読解+総合:いつものように長文をドバっと全訳。下線部訳でのポイントは分詞構文、同格。ここをシッカリと、だ。設問 2. はOK.な答えであったのだが、設問 3. の 60字以内で説明するのは、要約の訓練がまだまだ必要。まァ、キーワード・キーセンテンスの選択とその肉付けである。当分は字数に関係なく書き出していくことの作業である。


高校1年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1141~1180

 小テスト:話法がOK.な状態になりつつある。目的・程度・結果、強調構文、etc. の復習。

 Vision Quest : 最上級表現 Mt. Fuji is the higheset mountain in Japan. から比較表現、原級表現へと考えていく。この英文が最基本である(←うしの塾では)。less の導入では That watch is more expensive that this one. → This watch is less expenseive than that one. 少し補強をしなければならないのは、~ times as … as 型。さらに the number / this size / the weight / the length 型の表現である。

 さらに、さらに、広く深く入っていく。ドッと比較表現はやっつけておく。


 
 連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 




 
カテゴリ:- | 23:42 | - | - | - | - |
Jan. 27th, 2016 (水)

 寒さ緩む。高3生の食欲はOK.な様子。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆ 


授業記録、
高校1年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1141~1180

 小テスト:話法、短文和訳、etc.

 Vision Quest : 原級・比較級・最上級の最基本形。as ~ as … → 比較級 → 最上級 への流れ。短文を多用しての強固な土台作り。


高校3年生 [ 8:00~10:00 ] 
 シス単:1351~1410

 Lecture:暗記英作8問+2題、四択問題(慶應大学)、補充問題(中央大学)、精訳(大阪女子大学)、英作(岩手大学)。四択は英作で活用できる要素があり、解釈での穴を示すことがある。この大学の精訳問題は鉄板である。徹頭徹尾の王道の攻めである。

 過去問勉強一本である。得点(得意)教科で得点の上乗せであり、不得意教科は確実な知識の積み上げ勉強となる



 高校塾生募集案内

  連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 


 
カテゴリ:- | 23:39 | - | - | - | - |
Jan. 26th, 2016 (火)

 小テストでのアホな間違いには強烈減点を喰らうことになります。覚悟のほどを!

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆ 


授業記録、
高校3年生 [ 5:30~7:30 ] 
 課題範囲:シス単 1351~1410 暗記英作 8問+前回範囲2問、

 初見問題:四択問題、適語問題、精訳問題、英作、

 精度の高い答案作成である。語の運用であり、文構造であり、英訳での構文だ。


高校2年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1321~1360

 小テスト:英文法道場 71~100、暗記英作 10題、例の書き換え 。

 精訳問題4問:精訳演習を100題終えて、少し足腰の強さを感じている。文構造が出来上がりつつある。「動詞と主語の関係」を軸にしての考え方が定着しつつある。OK. さらに単語の奥行きを学び取っていく勉強作業である。

 それにしても、小テスト四択問題 It is essential that every child (     ) the same educational opportunities. [ have / has / is having / to have ] で have を選択し、なぜ?に真顔で every child が複数形だからとの答えた。クラクラである。小生 顔面蒼白、茫然自失、幽体離脱の状態。大学受験まで残り1年もない。こちらもよほどの頑張りが必要だ。喝!である。

 

 連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 



 
カテゴリ:- | 23:52 | - | - | - | - |
Jan. 25th, 2016 (月)

 昨日と同様なサブさ。まァ〜これが真っ当なんでしょうが、サブい。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆ 


授業記録、
高校2年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1321~1360

 小テスト:英文法道場 71~100、暗記英作 10題、etc. 。

 精訳演習4題:[99] の …, when out-of-sight ceases to be out-of-mind. をシラッと和訳した。国語が得意であると言うだけのことはある。OK.な和訳である。think himself into unknown situations に関する質問も的を射るものOK.である。

 それにしても、go to school と go to the school の違いが分からない、get up の訳語が「起きる」だけでは辛い。また、辞書にない訳語を用いての和訳するのはやめてくれ。お願いだから、辞書にある訳語だけを使ってくれ。disease は「病気」であって、「細菌」ではなく「ウイルス」でもない。「結局はそういうことでしょう」ってのはない。結局も薬局もない。キッパリと真っ直ぐな和訳である。


高校1年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1102~1140

 小テスト:まだまだ話法が続いている。「命令文、or ~」型の定着が悪い。まだ続く。関係代名詞での非制限用法と制限用法がいい加減になっている。He has two sons who live in Tokyo. と He has two sons, who live in Tokyo. では意味内容が全く異なる。前者は「東京に住んでいる息子が二人」であり、後者は「二人の息子がいて、彼らは東京に住んでいる」ってこと。これが基本のキなんですよ。  

 構文 150:than any other 単数名詞、これは「どの他の単数名詞より」ってこと。キッチリとした和訳形を覚え込んでおくことですよ。毎年のように使っている例文は Mt. Fuji is highter than any other mountain in Japan. 「どの他の山よりも」で頑固に覚えていきます。「ほかのどの山よりも」ではダメです。なぜなら、英作で than other any mountain とやってしまうからです。最初はキッパリと脳ミソに落とし込んでおきます。これと同様な英文を120回くらいやってしまえば、「ほかのどの山よりも」でOK.とします。
 「all the 比較級 for ~」の訳文も同様です。「〜ゆえにいっそう…」とします。基本形です。最基本形です。ここが根っこです。「基本其奥義」ですよ。

 まだまだくどく、ひつこく、執念深く「比較」をやっていく。


 
 連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 


 
カテゴリ:- | 23:42 | - | - | - | - |
Jan. 24th, 2016 (日)

 いつもの日曜日。

  午前中に中学1年・2年生の短期講習説明会。

  説明会のポイントは2つある。一つは塾テキストの説明。

 中1テキストはうちの塾の定番である This is a pen. からのもの、

 be 動詞の特性をトコトンに定着させ、一般動詞に進む勉強方法。

 中2テキストは New Crown。学校テキストと異なるものを使うことで、

 英語力を重層的なものにしていくのが狙い。

 勉強を激しくすることの約束。

 足腰の強い英語力を持つためのお手伝いをしていく。

 他の一つは、通塾上での安全問題の確認である。三者の協力である。

 
  午後は高1生の体験授業希望者への授業説明 & 三者面談である。

 いつも説明することだが、受講して授業レベルが易し過ぎる、or

 難し過ぎるは、うちの塾に関しては、止したほうがよい、

 少し難しくて、それでも、喰らいついていけそう、ってのが

 適切ではなかろうか
、と伝える。で、結局は受講してみることである。

 授業参加してみて、頑張れそうか、ダメか、が分かる。体感である。

 1回の体験で終わることもあれば、4回の体験授業の後に本科生へと

 チャレンジしていく新塾生たちもいる。やってみることだ。

 塾授業は体験制度によってオープンになっている。


  さてさて、今日はメチャ寒。高3生の自習室勉強が続き、それに高2生が

 まじり始めている。その時期である。


  頑張らねば。



 
カテゴリ:- | 23:53 | - | - | - | - |
Jan. 23rd, 2016 (土)

 中学1年生の2名の短期講習会が午後。塾勉強のプロセスと塾での諸々の約束事などである。明日も中学1年生と2年生の同様な説明会となる。楽しみだ。
 高3塾生10名のセンター英語平均点は
筆記 162.8 点、リスニング 38.6 点。よく頑張ってくれた。2月からの私大・国公立大に向かってドッと勉強が熱くなっている。得点の積み上げだ。さらに、ダ。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆ 


授業記録、
高校1年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1102~1140

 小テスト:話法、準動詞、和訳2題、etc.

 構文 150、Vision Quest: 比較構文の 二者間比較、all the 比較級 for ~ 型、比較級 than any other 単数名詞 にフォーカス。


高校3年生 [ 8:00~10:00 ] 
 シス単:1291~1350 / 暗記英作8問+2題

 Lecture:1語を補っての整序問題(奈良女子大学)、会話文(慶應大学)、精訳(京都府立大学)、英作(東京学芸大学) のそれぞれを使用。和訳で注意した点は、「意味があいまいな場合は、直訳で」である。今日の例ならば、lie behind ~ とあるのだが、「〜の後ろにある」とか「〜の背後に位置する」で十分。「〜に劣る」とか「〜を満たすことはない」とかとする必要はない。仮に直訳で減点を喰らうとしても、意訳による間違いの減点のほうが大きい。オッと、下線部訳では、すくなくとも直前の文を読んでの和訳作成でなければ、だ。

 過去問勉強一本である。得点教科を最低でも10年分、いや、20年分の過去問勉強である。ガツガツとした勉強していくよ。



 高校塾生募集案内

  連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 



 
カテゴリ:- | 23:56 | - | - | - | - |
Jan. 22nd, 2016 (金)

 中学生の短期講習会授業説明の準備である。ガッつりした授業プログラムを提示する予定である。楽しみであり、今から緊張している。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆ 


授業記録、
高校3年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1291~1350 / 暗記英作8問+2題

 Lecture:1語を補っての整序問題、会話文、精訳、英作

 ガツガツとした勉強が続く。


高校2年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1281~1320

 小テスト:英文法道場 41~70、暗記英作 10題、例の書き換え 。

 長文読解+総合英語:長文読解は九州大学。例によってザックリとした全文訳だが、ボンヤリとしたいる箇所は即キツイ質問となる。その it / do / that の用法?その文の動詞と主語?易しく見える部分が肝となることがある

 総合英語では助動詞がポイントなった。 This will be the book you have been looking for. (推量)、You shall have this cake. (話者の意思)、I did have have a map. (強意)、He speaks English better than he did. (代動詞)、etc. さらに、例の、I don't know when he will come back. / You may go out when you have done your homework. での下線部の処理。即入試に必要とされる断片ではあるが、最重要な部分の勉強である。



 中学1・2年生の短期集中講座はこちら

 連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 




 
カテゴリ:- | 23:33 | - | - | - | - |
Jan. 21st. 2016 (木)

 大寒。ここ二三日の寒さのせいで、体感対応は整ったようだ。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆ 


授業記録、
高校2年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1281~1320 暗記英作8問+2題

 小テスト:英文法道場 41~70、暗記英作 10題、etc. 。

 長文読解+総合英語:長文読解での設問は、精訳で問うものと同様のもの多くある。代動詞であり、なぜこの形の英文表現になるか?ってこと。まァ〜精訳訓練は長文読解のためでもあるからネ。それにしても、if 省略形、仮定法での間接話法表現、動名詞の意味上の主語、とか、高1英語で積み上げているものの集大成がここにはあるってこと。文法知識が底辺になければ、内容が見えてこないことがある。常に、ここの層を強固なものにしておかねば、だ。


高校1年生 [ 5:30~7:30 ] 
 シス単:1181~1220

 小テスト:話法、仮定法、分詞構文、短文和訳 2題。話法テストをずっと続けているが、ボチボチ、自分での総括が必要だ。ボンヤリとしていてはダメだ。平叙文・疑問文・命令文が根っこにあり、さらに、伝達文が重文である場合、複文である場合の掴みである。一つの体系を脳ミソに作り上げておく。ここが大事。

 Vision Quest:初歩の同等比較を復習。~ times as ~ as、と、これに対応する英語表現。そして比較構文の慣用法の一つ「the + 比較級、the + 比較級」である。入試文ではサラリと出題されるやつ。しかも、この第二文型の出題に出くわすことがある。この基本形はかなり大切。次回は「二者間比較」である。オッと、さらに all the 比較級 for ~ 型にも踏み込んでいかねば、だ。

 比較構文の範囲は広い。そりゃ、分詞構文、仮定法の勉強が楽勝ではある。丁寧に、だ。




 中学1・2年生の短期集中講座はこちら

 連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 



 
カテゴリ:- | 00:07 | - | - | - | - |
<< | 2/256PAGES | >>